本文へ移動

管理者より皆様へ

センター長ごあいさつ

浅羽地域包括支援センター           管理者 村主明光
地域包括支援センターは、平成18年度から介護保険法の改正に伴い、全国でスタートした高齢者の相談機関です。浅羽地域包括支援センターも、袋井市の委託を受けて平成18年4月から運営を行っています。介護予防・生活支援といった地域包括ケア体制作りの中核機関が地域包括支援センターであり、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを継続できるよう自助・互助を支援しております。
 
担当地域は、旧浅羽町の浅羽北、浅羽西、浅羽東、浅羽南と笠原の5地区で、高齢化率は地区によって20%~30%までばらつきはありますが、私たちの地域は昔から助け合いが根付いています。また、センターと地域住民の距離感が近く、地域の皆様にもセンターの存在をご理解いただいているため地域づくりが進めやすいです。
 
これまで築いてきた地域のネットワークをさらに強化し、介護サービス、医療、行政機関や地域の活動団体とのネットワークづくりを進めていきます。これからも地域の皆様が安心して生活できるよう、スタッフ一同、力を合わせて頑張ってゆきますのでよろしくお願い致します。
TOPへ戻る