本文へ移動

苦情解決について

お困りごとはありませんか?

苦情に対し適切な解決に努めます

社会福祉法人 三宝会では地域および保護者様からの苦情に対し、適切な解決に努めます。苦情およびその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除き、当ホームページに公表し、改善に努めます。※社会福祉法第82条の規定により、当園では苦情に適切に対応する体制を整えております。

苦情受付担当者

苦情解決責任者
乗松 久実子
苦情受付担当者
鈴木 かおる
第三者委員
江川 唯姫子 電話:0538-24-0679 役職:主任児童委員
横山 雅博  電話:0538-23-5374 役職:民生委員

苦情解決について

1.苦情解決受付

面接・電話・文書等の方法または「お問い合わせ」ページのフォームより受付をいたします。
 
ルンビニ第二保育園
TEL.0538-23-0670

2.苦情解決の報告・確認

苦情受付担当者が受け付けた苦情を、苦情解決担当者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

3.苦情解決のための話し合い

苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
 
  1. 第三者委員の立会いによる苦情内容の確認
  2. 第三者委員による解決案の調整、助言
  3. 話し合いの結果や改善事項等の確認
 

これまでの苦情解決内容

1.                                  
H27.10
Q (1歳児) 園でけがをし眼科に連れていく時、母親の職場に連絡をもらったが連絡先の一番は父親なので間違えないでほしい。
A. 連絡カードをよく確認せず、慌てて母親の職場に電話をしてしまった。これからはしっかりと確認し、間違えないようにしたい。父親にはお詫びをした。              
■2.                                 
H27.12
(2歳児)「クリスマス会」は私服登園可とのことだったが、規定内でのことだと思っていた。スカートやフード付きの服を着ても良いのであれば、事前におたよりなどで知らせてほしかった。
A.昨年も参加しているため、例年同様のお知らせの仕方で良いと思ってしまった。今後も保護者に合わせた対応に配慮していかなければならないと感じた。
■3.                           
H27.12
Q (2歳児)子どもが発熱し、お迎えを連絡した際、クラスでインフルエンザの感染が見られることを知らせると、「知らなかった」と問われた。玄関の感染症掲示板で知らせてあります。と伝えた。
お迎えに来た際、「メールで知らせてほしい」と要望があった。
A. メールで感染状況を配信した。又、玄関の掲示板でのお知らせについても周知した。
■4.
H28.9
(1歳児)登園時に母からクラスだよりを指差して「子どもの名前がないので入れてください。」と話があった。
A.クラスだよりに誕生児を記載する際にしっかり確認しなかったため、このようなことが起きてしまった。謝罪をし、クラスだよりを作り直し再発行した。また、お迎えボードにクラス全体に向け、謝罪のメッセージを貼り、帰りに迎えに来た父親にも謝罪をした。
■5
                      H29.3
Q (地域の方)犬の散歩で園周辺を歩いていると、保護者と思われる車がすごいスピードで横を通り抜けるため危ないと感じる。歩行者を見たら、徐行してほしい。
A.園周辺は30km以下での走行を伝えてあったが、歩行者の横を通り過ぎる際の徐行や、間を開けての走行まではモラルと考え伝えていなかった。今回の苦情を受け、保護者へ通達、終了式でも改めて知らせた。また、地域の方には、地域新聞(ルンビニ新聞)4月号にてお知らせ、謝罪した。
■6.                                                                                                                                                                                                  
                                             H29.9
Q(ご意見箱への投書)午前中に終われるようなプログラムにしてもらいたい。来賓及び祖父母競技、ムカデ競争、親子体操を省けば、午前中で終われると思う。
A.9月2日の保護者会役員会において、園長より競技の主旨等の説明をし、役員さんの理解を得た。相談者が誰かわからないため、玄関に競技の主旨説明文を掲示した。
■7.                                
                                             H30.1
Q(0歳児)本児の汚れ物を入れるビニール袋に他児のおむつが入っていた。入っていることに気付かず洗濯をしてしまい大変だった。
A.使用済みのオムツは、交換後に保育者が床に置きまとめて捨てていたが、今後はバケツの中に入れ、まとめて捨てるようにしていく。また、降園前にビニール袋の中身を確認し、ロッカーを触っている子どもにも注意を払っていくようにする。保護者には謝罪をした。
 
■8.
                                             H30.4
Q(0歳児)本児の汚れ物のビニール袋の中に他クラスの他児の未使用のオムツが入っていた。洗濯機に入れる前に気付いたが、去年も同じことがあったため、気を付けてほしい。
 他クラスの子のオムツが入っていた理由を教えてほしい。
A.①土曜日の汚れ物のビニール袋の中身を確認し持ち帰るようにする。
 ②ビニール袋を確認したら、持ち手2つをフックに掛け、確認後にビニール袋の中に他の物が入らない
 ようにする。
 ③オムツの置き場所を子どもの手が届かない場所に変更する。
保護者に謝罪し、園全体で話し合った内容を伝えた。今後も注意を払い、対応をしていく。
9.                                  
H30.7
Q (4歳児) 朝、通勤時、保育園に向かって車を走らせていると、後ろの車がすごい速さであおり運転のように追いかけてきて怖かった。その車は、保育園の駐車場に入った。自分も注意したが、保育園からも直ぐに注意してほしい。
A.普段から駐車場内で乱暴な運転をしていたため、その方に話をし、注意した。教えてくれた方には話をしたことを伝えた。一般道での危ない運転は、警察へ直接伝えてもらうように話した。
 
■10.                               
                                              H30.8
Q(5歳児)朝、(8時30分頃)登園したら、年長児がエアコンのついていない部屋で汗をかいて遊んでいた。熱中症にならないように、エアコンを付けてほしい。
A.乳児クラスから順番にエアコンを付けているため、年長のクラスは9時に付ける予定だった。いつもはホールで過ごしているのだが、ホールで音楽指導の準備をしていたため、エアコンのついていない部屋へ移動してしまった。配慮不足だったと反省し、翌日からエアコンのついているホールで過ごすようにした。
 
■11.                                         H31.1
                                                                                                                                               
Q午前中から泣いて体調不良を訴えていたため、36.8℃だったが、念のため電話連絡をし、熱が上がるようなら再度連絡することを伝えた。16時頃父が迎えに来てくれたため、園でインフルエンザ、りんご病の疑いのある子がいることを話し、感染症届を手渡した。翌日、母より「熱もない状況で電話されると困る。他の子にうつすことを心配して仕事を切り上げてこなければいけなくなってしまう。」「感染症届は毎回渡されることになっているのか?」とのことだった。
                                                                                                                                                     A.職員間で話し合いをした。感染症がまだ流行しているため、今回の連絡をしたことをおたより帳に記入し、口頭でも伝えた。
 

▼お気軽にお問い合わせください

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0538-23-0670
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る